どんなときもWi-Fiを海外で使うときの注意点まとめ!

NO IMAGE

近年様々な技術の発達によって、海外旅行に行く人が爆発的に増加しています。

 

今回はネットが心配というあなたの悩みを解決してくれるポケットWi-Fiの中から、どんなときもWi-Fiについて解説します!

どんなときもWi-Fiはとても便利ですが、海外で使う際には注意が必要です。

この記事では海外でどんなときもWi-Fiを利用する際に気をつけてほしいことを紹介します。

海外渡航のためにどんなときもWi-Fiを利用しようか考えている方は必見です!

 

どんなときもWi-Fiの料金プラン

ここからはどんなときもWi-Fiを海外で使用する際の料金プランについて解説していきます。

どんなときもWi-Fiは海外で利用する場合と国内で利用する場合の料金プランが大きく異なるので注意しましょう。

 

はじめに、どんなときもWi-Fiを国内で利用する際の料金を解説します。

どんなときもWi-Fiを国内で使用する場合、月額料金は初めの月から2年間定額制で月々3480円(税込)です。

ポケットWi-Fiの端末をレンタルする料金は無料なので、初めの月の追加料金はかかりません。

 

続いて、海外でどんなときもWi-Fiを利用する際の料金について解説します。

どんなときもWi-Fiを海外で使用する際は特別な申請をする必要はなく、海外で利用した日数に応じて料金が変化します。

ここで注意しなければならないことが二点あり、一点目は海外でどんなときもWi-Fiを使用する際は、その利用する地域によって支払う金額が変化することです。

 

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米地域の計69カ国で利用する際は、1日ごとに1280円(税抜き)の料金がかかります。

対して、中東・南米・アフリカ地域の37ヶ国での利用の際は1日ごとに1880円(税抜き)の料金がかかります。

 

また、注意しなければならないことの二点目は、海外で使用した日数分の料金に加えて、月々の基本料金が別途でかかることです。

どんなときもWi-Fiを海外で利用する際は月額料金を支払っている上で海外に持っていく必要があります。

例を挙げると、もしどんなときもWi-Fiを中国で1週間使用した場合は、アジア地域での使用料1280円×7日分に追加で月額料金の3480円がかかり、合計で12,440円が請求されるということです。

 

この二点を覚えておかないと、あとで想定外の料金が請求される可能性があるので注意しましょう。

また、どんなときもWi-Fiは世界中どの国でも利用できるポケットWi-Fiではないので、渡航前に目的地で利用ができるのか公式サイトでチェックが必要です。

 

海外利用での速度・速度制限

続いては、どんなときもWi-Fiを海外で利用した際の通信速度と通信制限について解説します。

どんなときもWi-Fiは、国内では容量無制限での使用が可能ですが、海外での使用は1日1ギガバイトまでと制限されています。

どんなときもWi-Fiが他社と比較して優れている点は、速度制限がかかった後の通信速度が他のポケットWi-Fiよりも早いことです。

他社のポケットワイファイは通信制限後の通信速度が128kbpsなのに対して、どんなときもWi-Fiの場合は通信速度が384kbpsです。

この速度はYouTubeの360pの画質の動画が見られる通信速度です。

普段の通信制限後は画像すら見ることがままならない中で、この通信速度を実現できているのがどんなときもWi-Fiの優れている点となっています。

つまり海外に旅行に行く際に、通信制限によってピンチに陥ることを避けるためには、どんなときもWi-Fiを契約して持っていくのが良いということです。

しかし、中国での利用の場合、利用できるサイトと通信速度に中国政府が規制をかけている場合があるので、注意が必要です。

 

まとめ

今回は、どんなときもWi-Fiを海外で使用する際の使用料金についての注意点やその通信速度、利用できる地域について解説しました。

海外でのネット環境確保にあたって、最適な選択肢の一つであるポケットWi-Fiの中でも人気の高いどんなときもWi-Fi。

渡航先での使用料金に加えて月額料金がかかることや、海外で使用可能なデータ量は無制限でないことなど、どんなときもWi-Fiを海外で利用するにあたって覚えておくべきことは複数あります。

しかし、通信制限後のネット環境が他社に比べて良好であることや、海外利用前に特別な手続きが必要でないこと、利用可能な国の数が多いことなど、どんなときもWi-Fiを利用するメリットも数多くあります。

海外旅行を考えているそこのあなた!ぜひこの記事を参考にして渡航先に持っていくポケットWi-Fiを選んでみてください。

どんなときもWi-Fiの性能カテゴリの最新記事